fc2ブログ

救急車 初体験談

せっかくなので、生まれて初めて救急車に乗った話くらいは。

この前の月曜日、通勤途中に階段を15段位転がり落ちました。
落下直後は特に痛い箇所も無かったので、そのまま出社しようと
会社に向かって、歩いていったのですが、
徐々に痛みが出てきたのと、頭を打ってるかもしれないなと思い、
念のために病院にいく事にしました。

両親に報告と、どこの病院に行くべきかの相談を兼ねて連絡したところ、
仮に歩けても、救急車で行った方が、救急扱いになるので
診てもらえるのが早くなるから、救急車を呼べとの事。

何か救急車は大層で嫌だったのですが、相談した以上は
アドバイスに従う事にしました。

そんな訳で、119番。
非常にハキハキした声で、階段から落ちた事、頭を打った事、
そして現在地を伝え待機してると、サイレンの音が。
救急車が来たら合図して下さいとの事だったので、
ウインクでもすればいいのかな?と思いましたが、
まあ、多分気付いてもらえないので、片手を上げて救急車を止めました。
タクシーかよ。

救急車は停車位置の関係で少し離れた所に停まったので、
そちらにポテポテ歩いて近づいて行くと、
「電話を下さった方ですか?患者さんは?」
と聞かれたので、自分だと答えると
「え!?本人が連絡されたんですか!?」と。

もうね、救急隊員さんからヒシヒシとオーラを感じるの。
え?コイツ元気じゃん。なんで救急車呼んだの?オーラを……
階段から落ちて頭打ったって聞いてるけど、お前普通に歩いてたし、
意識もめっちゃハッキリしてんじゃん、オーラを……

まあ、そんなオーラ攻撃に耐えながら救急車に搭乗。
搬送先の病院が決まるまでに、とりあえず状況の説明や、
免許証や保険証見せたり、脈拍を測ったり。
ちなみに脈拍もばっちり正常でした。
ひとまずそれらの状況を病院に伝える救急隊員。

「駅の階段から転落。外傷無し、歩行可能、意識鮮明、脈拍正常」
もうそれは「正常」って言うんじゃねえの?オーラが……

そんな訳で救急車に乗ったものの、横にもならず、
普通付き添いの人が座るであろう場所に座って搬送。

病院到着後も普通に歩いて救急車を降りる某。
「え?自分独りで歩くの?」とお医者さん。
慌てて持ってきた担架を端に寄せる看護師さん。
え?お前なんで救急車呼んだのオーラが……

お医者さんの後について院内へ。
「鞄はこっちに預かる……わね」
と、何故か一拍おいてオネエ言葉になるお医者さんに鞄を預け、
ストレッチャーに横になります。もちろん、自力で。

ストレッチャーに横になったまま、院内を検査のため移動する某。
ドラマの手術前みたいで、最初はちょっとワクワクしてましたが、
これ、なんかガタガタ揺れて、酔うわ~
段々気持ち悪くなってきたので、その事を伝えると、
「えっ!?」と焦りだす看護師さん。
ああ、そういや某頭打って病院きてるんでしたね。
そいつが吐き気するとか言い出したら、そりゃ脳内出欠の心配しますよね。
実際はただの乗り物酔いですが。

そんな訳で、色々検査を受けて、検査の結果待ちで少々待機となりました。
ストレッチャーに横になったまま、やっぱりちょっと大層になっちゃったな、
救急で某が割り込んだ分、検査遅れた人とかいるだろうし、
ちょっと申し訳ないな、とか思っていたら、隣の部屋から声が。
話ているのはお医者さんと看護師さんで、話の内容は
今日は凄い混んでて、どこの検査もかなり人が待ってるという内容。
え?何これ?わざと聞かされてんの?本当ごめんなさい。

ちなみに結果は一切異常なし。
必要なら湿布出しますけど?と言われましたが、
まあ湿布位家にもあるので断りました。
一応、念のため24時間は安静に、との事でしたので、
受付でお金払って、その日はそのまま帰って寝ました。
理由は色々ありますが、2度と救急車には乗りたくないです。

↓よろしければクリックお願い致します。
人気ブログランキングへ
スポンサーサイト



                

コメントの投稿

非公開コメント

お前みたいなのが、救急車の出動回数増やしてる迷惑野郎だ!親も親だ!しんじまえ。
プロフィール

おてもと

Author:おてもと
会社員です。粉とか売る会社で粉以外を売っています。10/19の日記にて詳しいプロフィールを書いています。興味も持って頂ける方は是非どうぞ。

FC2カウンター
人気ブログランキング

人気ブログランキングへ

SMの感想とFFの実況
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード